Kumanemu

ガチで2018年に買ってよかったもの11選

年の瀬ですね。クリスマスです。

今回もAdvent calenderの2018年に買ってよかったもの、という企画に参加しています。

多くの叡智が集結しているので一目見る事をオススメします。いいものを買えば生活が豊かになり、人生が充実しますね。早速行きましょう。

XサーバーでのWord Press運用

いきなりモノじゃないやんけ、という荒業です。

今まではてなブログプロで運用してたブログを今年の10月からWordPressに変えてブログを更新し始めました。

サーバーやドメインの理解に始まり、cssやphp等のプログラミング言語にふれ、ネット環境に強くなるという知見が得られました。WordPressがいじれたら、それはかなり重要なスキルになると思うのでもっと突き詰めたい。

特にエックスサーバーはサポート含め、最高だからみんなもはてなブログやアメブロをやめてエックスサーバーでWordPress運用しようぜ。マジでオススメする。めんどくさいのは最初の2日くらいだけで、その後ははてなブログプロとかでやるより、絶対自分のためになる。

てか「おれ、エックスサーバーでWordPress運用してるけどなんか文句ある?」って言えたらかっこよくない?ネットリテラシー低いやつらにマウントとれそう。


ちなみにこのブログの執筆環境はこちらから。

Kumanemuのブログ執筆環境

 

アメリカ株(ETF)

2つ目もモノじゃないやんけ、と思われるかとしれませんが、これは買ってよかった、というより買い続けてよかった、今後も買おう、といったニュアンスのものです。

みなさん、貯金ありますか?僕は正直全然ないです。それはなぜかと言うと、給料の半分以上を毎年アメリカのETFと呼ばれる上場投資信託にブッ込んでるからです。そして2018年はご存知の通りアメリカ株が爆上げしまくったのでそこでガッツリキャピタルゲインを頂き、また毎年3.6.9.12月にはインカムゲイン、つまり配当収入も入ってくるので買って放置しておいただけで資産が増える、という状況でした。

つまり貯金がなくとも資産は増えた、という状況です。投資をやってない人はピンとこないかもしれないし、若い人は現金主義なのでキャッシュを持ってナンボみたいなところがあると思いますが、アセットという意味では同じです。

特にNISA口座は早く作ったら作っただけ、絶対に徳です。ウォーレンバフェットは「株で一夜にして資産家になるのは難しい、しかし、ゆっくりお金持ちになるのは時間をかければ、考えなくても誰にでもできる。」と言っていました。

ちなみに私が買ってるETFはS&P500という、アメリカを代表する500の企業を対象に分散投資している投資信託です。考える必要ゼロで投資してるだけで、普通にこのまま50歳になったら1億円以上のキャッシュができる計算です、これガチです。複利の力はすごいですね。

20代後半に差し掛かったら証券口座の一個くらい持っておく事を煽り抜きで、オススメします。

初めての方は確実にSBI証券で開きましょう。口座維持費タダで、株の手数料鬼安、使いにくさ神、死角ゼロのネット証券口座。

ここで行動するかしないかで20年後の人生が本当に変わると思う、思想だけでは人は変わりません。

→SBI証券のHP

ちなみに株の本はこれ一択。大学生の時に穴があくほど読んだンゴ。

PS4とモンハンワールド

今年の頭くらいに発売されて、多くの独身者の時間を蝕んだであろうソフト。ネルギガンテの空中に浮いてからの猛烈アタックに何度苦しめられたかわからない。絶対当たってねぇから!当たり判定クソすぎ!完全にCAPCOMのせいだから!ってよくムキになってました。自分の非を認めないタイプ。

このソフトが出て高校生の時からともに狩りに行ってた友人達と久しぶりにオンラインでつながり当時の気持ちを思い出しながらギャーギャー楽しめた。それだけで完全に元は取ったであろう、神ソフト。

来年に大型アップデートが発表されたばかりなので、今後もまだまだ遊べるであろう。

そしてモンハンをやるためだけにPS4を買ったんだけど、これがまた便利。常にテレビにつないであり、デフォルトでYouTubeをはじめ、NetflixやAmazonプライム・ビデオ等のアプリがインストールされてるので、常に流しっぱなしにしてます。普通にDVDプレーヤーとしても使えるし、結構真面目に最強のハードだと思う。やっぱSonyってクールだわ。

てか今、好きなソフト2本プレゼントとかやってんか。なんか損した気分。

SONYのa6300と単焦点レンズ達

めっちゃ推しまくってるミラーレス一眼カメラ。これまたSONYです。好きなブランド一位。

確実にこの値段帯で買えるカメラでスチルとムービー、両方のクオリティを保証する機材だと思います。詳しくは下記の記事で。

ボディ単体と単焦点レンズを買うことを強く勧める。カメラのいいところはその時の思い出をきれいな形で切り取れるという事。特に家族が出来てからのかけがいのない時間はシャッターを押して切り取りたいものです。なお、ワイ、独身、将来的に結婚できない気がして今日も震える。

Sonyのa6300とSEL50F18 OSSはコスパ最高のミラーレス一眼

 

コードレスの掃除機

今までわざわざコンセントに挿して使うやつを愛用してたんですが、重いし、自立しないし、線が引っかかって機動性がクソなのでコードレスのやつを買ったら全てが解決しました。やりましたね。

ブランドとか型番とか色々あるのかもしれないけど、とりあえずコードレスは正義。ただダイソンは電気屋で試したら意外と吸引力ショボくて、ブランド料に金を払ってる感がすごかったのであんまり惹かれなかった。僕のような凡人は安心とコスパのアイリスオーヤマ。

木のまな板

料理する人はガチ。木のまな板ってそれ自体の重みでめっちゃ安定性があるので、食材の切りやすさが段違いです。あとは、木ならではの風合いがキッチンの雰囲気を変えてくれるので、不思議と料理したいという気持ちになります。食材切るのが楽しい。

洗った後にしっかり立てかけておけばカビる心配もないし、包丁で食材を切った時の跳ね返りのトントントンっていう音がリズムを作り、料理の流れをよくしますマジで。お嫁さんの後ろ姿から聞きたい音ナンバーワンは気のまな板にあたる包丁の音ですね。異論は認めない。

 

包丁研ぎ機

まな板と包丁はセットなんですが、切れない包丁使うとマジでストレスです。切れない包丁って盗みをしないルパンみたいなもんで、魅力がゼロです。

僕はいつもこの研ぎ機で、包丁を使う前に3回ほどシャッシャとやってからハッと食材を切るんですが、マジで切れ味が別物になるのでこれも料理する人にはオススメしたい。デメリットは切れすぎるが故、トマトスライスをするのが楽しすぎて無駄にトマトが食卓に並ぶこと。リコピンの過剰摂取。

封筒と便箋

最近手紙を書くことがあったんですが、めっちゃ不便でした。バックスペースを一度押せば戻れるようなものではなく、書き間違えたり、表現の仕方がしっくりこないと消しゴムで消して、くちゃくちゃになった紙の上にまた汚い字で思いを綴らないといけません。

ただ、そんなめんどくささ、そこに魅力を感じまくり、手紙ってええやんってなった。僕が仮にくちゃくちゃで書き直した後がたくさんあるような手紙を貰ったら、その分一生懸命考えてくれたんだなとか、時間をかけてくれたんだな、と暖かい気持ちになると思います。自分がされて嬉しいことは他の人にはどんどんしたい派なので、気持ちを伝えるツールの1つとして手紙、おすすめです。ちょっとキザな感じもするけど、一度書き始めると結構没頭して周りの目よりも自分の思いを伝えることに精一杯になるのでみんなも手紙書こう。

筋トレ用のグローブ

最近筋トレしてるんですけど、手汗かいてダンベルがうまく持てない時とか、力がうまく伝わらない時とかあるんですけど、これを買えば一撃で全ての悩みが消え去りました。あと、なんか手袋はめてると玄人感が出るので、ジムにいる他の奴らにマウントとれます。しかも指だけ出ててなんかカッコよくないスカ。小学生の時に指だけ出てる手袋して、おれカッケーって思っていた気持ち思い出した。

プロテイン

筋トレやる人は言わずもがなだけど筋トレしてない人も飲むことを勧める。

人間の体は60パーセントは水でできてるのは有名な話ですけど、その次に体を形成してるのはタンパク質、つまりプロテインなんですよ。ちなまにプロテインってタンパク質を英語で言い換えただけだからな。

髪の毛も肌もタンパク質でできてます。なので筋トレイコールタンパク質ってわけでもなくて、健康的に綺麗な髪の毛を伸ばしたい人や、肌のターンオーバーにもタンパク質は活用されるわけです。

スムージーとかをせっせと作って飲んでるより確実にタンパク質を毎朝飲んだ方が効果が出ます。ソースはおれ。てか、スムージーって野菜とか果物を粉々にしてるけど、ああゆうのはしっかり噛んで唾液と混ざることによって消化酵素が出て、体に吸収されていくものだから、本当に意味ないでな。まあ美味しさではスムージーに圧倒的軍配が上がるけど。

iPad

ムフフな動画を見る動画プレーヤーとして使われています。逆にそれ以外で使ってない。

2018年は正直あまりモノを買わなかった年でした。その分金を貯めたので、2019年は放出したいと思っています。

日々使うものをアップグレードすれば日々の生活が豊かになり、人生が豊かになるという持論の元生きているので今後も良いと思ったものには課金していきたい所存です。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 Kumanemu

テーマの著者 Anders Norén