Kumanemu

シンガポールの天天チキンライスは死ぬほど美味い

海南鶏飯という料理を知っていますか?別名チキンライスと呼ばれる料理です。日本人はどうしてもケチャップライスを想像してしまうと思いますがまったくの別物です。
こちらでいうチキンライスとは、鶏を煮込んでそのスープでご飯を炊き、そこに煮込んだ鶏肉を乗せた家庭料理です。
タイ料理で言うところのカオマンガイです。(違いは味付けのタレのみ)東南アジア特有のエスニックなクセのある味ではなく、どちらかというと鶏ダシの味が感じられるマイルドな料理です。

シンガポールでは天天海南鶏飯が超絶うまい

テンテンチキンライスと読みます。カタカナ表記だと卑猥な表現と間違える可能性もあるので漢字でいきましょう。

シンガポールに渡って、一番最初に食べたチキンライスですが、初めて食べた時の衝撃は忘れません。あえてあまり有名ではないお店を紹介して、おれはマイノリティだぜ(ドヤ)ってやりたいほうなんですけど、ここはそんな目論見も吹っ飛ばすほど美味しくて、有名すぎるチキンライスのお店です。
Maxwell Food Centreという、地元の人が訪れるフードコートの中にあるお店ですので、高級感とかは一切ありません。色合いが昭和感。

こちらです。ドン。

一口噛む度に鶏のしっとりした柔らかさが脳をブチ抜いて、そのまま鳥になるレベルでうまい。また下に隠れているご飯には、鶏の旨味が凝縮されまくっていて、まるで一粒一粒が濃厚なスープを詰めたカプセルを食べているよう。

絶対に家庭じゃ作れないクオリティ。
しかもこの美味しさでなんと日本円にして約400円。NPO団体が経営してるやろコレ。

お財布に優しすぎる。Chicken RiceはS.M.Lの三つのサイズから選べます。

チキンライスを極めた大将が朝4時から仕込みを行っている正真正銘の手作りなので、並んででも食べる価値があります。店の前にはその日の内に絞められた鶏さんが吊るされています。

食美林的な賞をもらってました。有名なのか有名じゃないのかは全然わかりませんが、きっとたぶん桜美林大学のステマです。

このように謎のおっさんも、チキンライス最高だぜ、ところでオレの顔面の左半分暗くない?的なことを言っています。

こんな質素な皿と雑な盛り付けなのに、どこか見てくれが美しい、美味しいものって美しい。

2分くらいでペロリ。ご馳走様でした。絶対にシンガポールに来たら食べることをオススメします。ヘルシーでタンパク質も摂取できる。

美味しいチキンライスを食べたら、Jurong Bard Parkへ遊びに行き、鳥さんたちに感謝しましょう。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 Kumanemu

テーマの著者 Anders Norén