Kumanemu

シンガポールのゴルフ練習/打ちっぱなし事情

シンガポールという超絶狭い国ではやる事が限られてくるので、こっちに住んでる駐在員はゴルフを始める傾向があるんですが私も例に漏れずその流れに乗りました。

ゴルフ金かかりすぎて草。そもそも18ホール長すぎて草。ゴルフ場草だらけでラフ。

シンガポールの打ちっぱなし場

下手くそは下手くそなりに練習しないとうまくならないので、打ちっ放しでの練習が非常に大事です。
打ちっぱなしは英語ではドライビングレンジと言いますね。

下に私が行ったことのあるシンガポールでの打ちっぱなし場を3つまとめました。
最近ゴルフを始めたばかりの方や、シンガポールのゴルフ練習場に詳しくない方は是非参考にしてください。

  • Marina Bay Golf Course
    住所   : 80 Rhu Cross, 01, 437437
    電話番号 : 6375 5567
    営業時間:7.00am – 22.45pm(ボールの最終購入は10.15pm迄)
    毎週月曜日12 noon – 22.45pm (月曜が祝日の場合は通常営業)

料金設定
平日:
4 cent/per ball 7:00am – 12:00pm
6 cent/per ball 12:01pm – 17:00pm
8cent / per ball 17:01pm – 22:15pm
週末
8cent / per ball 7:00am – 22:15pm

特徴 : Marina Bay Golf Courseの横に併設されている打ちっぱなし場です。
下の2つに比べて、一番綺麗で、且つ見晴らしもよくロケーションは最高です。
横との感覚も充分にあり広々としていて、この練習場が一番お気に入りです。
一番最初の利用時には受付で専用のカード(16 SGDかかります)を購入して、それにお金をチャージして(もちろんNETS可能)使う方式となっています。ちなみにカードには10ドル分の金額が最初からチャージされているので、カード代金は実質6SGDです。
平日の午前中は、1球当たり4 centとかなり安く練習できます。破格です。

  • Keppel Club
    住所   : 10 Bukit Chermin Rd, Singapore 109918
    電話番号 : 6375 5567
    営業時間:7.00am – 22.00pm
    毎週月曜日11.00am – 22.00pm (月曜が祝日の場合は通常営業)

料金設定

特徴 : Reflectionsという大きなコンドミニアムの隣に併設されているKeppel Clubというゴルフコース場の打ちっぱなし場です。
こちらはバスで行くことも可能で、”Opp Chr Community Chapel”というバス停で降りればゴルフ場の入り口が目の前にあります。
ただしそこから10分ほど歩かないと打ちっぱなし場までは辿り着かないので重いゴルフバックを担いでる時にはタクシーで行ったほうがいいかもしれません。
こちらは信じられないほど過疎化しており、いつ行っても人が全くいないイメージです。
新しくはないですが、アプローチやパターが練習できる小さなグリーンも併設されており、意外と穴場かもしれません。

  • Toa Payoh Golf range
    住所  : 590 Toa Payoh East, Singapore 319134
    電話番号: 6255 1211
    営業時間: 07:00am – 24.00am
    毎週月曜日12:00noon – 23:00pm (月曜が祝日の場合は通常営業)
    毎週火&日曜日 7:00am – 11:00pm

料金設定 : 4.28 SGD / per 60 balls (8.56 SGD / per 120 balls )      沢山ボールを買っても特に割引はありません。1球あたり7 cent程です。ケチ。

特徴 : 日本人、韓国人が多いイメージ。
こちらもトアパヨの駅からは少し離れているのでタクシーで行くことをお勧めします。
可もなく不可もなくといった印象ですが、私は会社の上司が多くいると言う噂をよく聞くので私の家からは比較的遠いので、今後は行かないかな。
またこちらではゴルフのレッスンの評判が良いようで、私の知り合いもこちらでレッスンを受けていました。
水木金土曜日は24時まで営業しています。

シンガポールの打ちっぱなし場のデフォルト

どのゴルフ練習場も日本のように自動で球がセットされる方式ではなく、自分でセットしなければなりません。腰が痛くなります。
ただどこも日本の打ちっ放しに比べると料金はかなり安く、シンガポール国内の料金の違いは誤差みたいなものですね。

また月曜日の午前中はメンテナンス等で休みのところが多いので注意しましょう。

そしてドライバーやウッドの練習の際には、こちらのラバーティーを自分で持参する必要があります。
もっていない場合はどの練習場でも3ドル程度で購入可能なので、受付、もしくは併設されている小さなゴルフショップに尋ねてみてください。

ちなみに私の得意な番手は7番アイアンです。苦手な番手はそれ以外全てです。練習場へ行くときは、嵩張らないので下のようなバッグがオヌヌメ。

 

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 Kumanemu

テーマの著者 Anders Norén